, ,

ペニスが欲しくて欲しくてたまらないの!ワンピめくって即ハメて!

[su_box title=”補正下着フェチ動画販売のご案内” radius=”1″]ガードルフェチ、補正下着フェチ向け個人撮影動画をFC2コンテンツマーケットで販売しています。

写真を多様し詳細の動画解説を載せています。よろしければ併せてご覧ください。
FC2コンテンツマーケット動画販売ページに移動する
[/su_box]

通行人や対向車線の視線を気にしながらドライブ車中でオナニーに興じる冴栄子。

クロッチレスのガードルとフェイクパンストごしに直接局部をまさぐり、隠語が車中に響きます。

途中ドライブイン施設のトイレに駆け込み、激しく自らのおまんこを指で擦りあげアクメを誘発。

ホテルに着くやいなやアルトのブリーフをずり下げ、巧みなフェラチオテクニックでアルトのペニスをエレクトさせます。

着替えた下着類をスタンディングポーズで一枚一枚脱がされ、自らのバイブ自慰とアルトの愛撫により、激しいアクメを迎えた冴栄子は、その場に倒れこんでしまいます。

幾度と絶頂を得た冴栄子の性欲は止まる所を知らず、アルトの男根を立ちバック体位で迎え、自ら腰を前後に激しく振りながら、ヴァギナに擦れるペニスの感触を愉しみます。

焦らすために冴栄子のアクメ到達の寸前でペニスを引き抜き、顔面騎乗で冴栄子のとろけたまんこを迎え、冴栄子は「クリ!クリ食べて!」「おまんこ食べたかった?」など隠語を口走りながら、アルトの舌や唇をオナニーの道具として快感をむさぼります。

二人の性的欲求は最高点に達し、冴栄子はソファでM字開脚でアルトのエレクトペニスをヴァギナに迎えます。

我を忘れ、可哀もない姿で羞恥を超えて激しく音を立ててセックスに興じる二人。

強大なオルガスムスに包み込まれた冴栄子は、勃起チンポと溶けるような軟体のマンコの結合部を覗き込み、首を激しく振りながら昇天の時を迎えます。

お得なセット販売もございます。

本動画と、別商品【出社前だけどセックスして!硬いち〇ポ、お口にちょうだい!(product.56)】をセットにしたお得なセット販売もございます。下記リンクより販売ページに移動いただけます。

下記は販売商品のダイジェスト編となります。


 
(※隠語絶叫シーンが多くありますのでボリュームにご注意ください)

「評価&レビュー」による高画質オリジナル動画プレゼント特典などもご用意しております。

[su_service title=”ご案内の商品以外にも多くの補正下着フェチ動画を取り揃えております。 ご購入はFC2コンテンツマーケットにて” size=”18″][/su_service]
FC2コンテンツマーケット“アルトと冴栄子”ページに移動する

関連商品

  1. 姫はじめはおんな上位で好きにさせて!

    フェミニンな普段着の下に補正下着やパール付きパンティ、ジッパー付きレギンスを身につけオナニーや激しいセックスを興じる冴栄子。ベッドでは胸元のレーシーデザインが特徴のTフロントレオタードを着衣。男性をオナニーの玩具に見立てエロスを放出します。

  2. ずっとパンパン突いて!その勃起ペニス待ってたの!

    ボディスーツ着衣のまま男根にしゃぶりつき、辛抱ならずエレクトしたペニスをま◯こに迎える冴栄子。後背位、騎乗位、正常位と底無しの性欲を露呈し、至高のアクメを迎えます。別シーンはフィットネスウエア着衣ファック。愛撫からフェラ、後背位セックスを愉しみます。

  3. お風呂オナニーと補正下着セックス

    補正下着類を着用したまま入浴しオナニーに没入する冴栄子。多くの通行人を眼下にバスタブ内での立位後背セックスに隠語の雄叫びを挙げます。ベッドで衣装を変え、雌と化した性欲の塊となり、勃起男根を隠語炸裂とともにマ○コに咥え、自ら腰を動かして絶頂へと駆け上がります。

  4. 水着と補正下着の変態姿でバスタブファック

    水着とロングガードル、さらにフェイクパンストを重ね着し、ホテルのバスルームで淫行におよび冴栄子。お互いの恥部をまさぐり、ベッドではハイソックスとシェイパーで情事に励みます。

  5. ケツま◯こクンニして!マ◯コも同時にして、お願い!

    黒の全身タイツとTバックショーツの上にホワイトレオタードを着て自慰にふける冴栄子。ま◯こにローターを挿入し、同時にアナルクンニの愛撫を受け、正気を失う快楽に包まれます。正常位では局部のぶつかり合う音が鳴り響き、体位を変えては激しく交尾を繰り広げます。

  6. 勃起チンポ欲しいの!口にもマンコにも頂戴!

    ボディリファーにベージュロングガードルとパンストを合わせ、エレガントな雰囲気とは裏腹にバイブをおめこに出し入れする冴栄子。隠語と猥語を雄叫びのように発し、アクメを迎えます。

ページ上部へ戻る