冴栄子BLOG一覧

プリマドンナに憧れて

こんにちは、冴栄子です。

バレエとバトン

私は以前クラシックバレエとバトントワリングの双方を、幼少期に10年ほど続けていました。

どちらも純白のレオタードに高貴なアクセサリーをつけ、日常と異なる「美」を追求して高揚感に浸る…

今でも当時の舞台からの光景や、パレードでの視線を忘れません。
当時の鍛錬ゆえか、アラフォーとなった今でも、同年齢の方と比べて体は柔らかく、片足を高々と長時間持ち上げることができます。

この身体機能が功を奏してか、セックスでの正常位での開脚は無理なく行え、男根を迎えるそのポージングに対し、私自身がエロスを感じ、魅力的な姿と興奮してしまいます。

そんなありし日の想いをイメージした動画を撮影し販売することになりました。

本当はチュチュ(プリマドンナがつけるヒダ状のミニスカート)をつけて、完全なるプリマドンナを演じたり、ふくらはぎに密着した白のロングブーツと白の編みタイツを履いてのバトントワラーを演じてみたいのですが、如何せんこの年齢から多少の恥ずかしさがあり、手始めにレオタードとアクセサリーを試してみました。

以前も書きましたが、エロス漫画の巨匠「ダーティ・松本氏」一連のプリマドンナを拘束し、理性や思考が破壊されるほどのセックスに憧れる私は、今回の撮影でその願望を少し果たすことができました。

汚れを知らない純白の衣装、エレガントな高価なアクセサリー、ブリリアントストーンがきらめくショートグローブなどの美しさと、その正反対にある卑猥な性器の対比が、非現実的なセックスプレイになり、私は例えようのない快楽を受けました。

下品なポーズや卑猥な言葉を連呼し続け、これほど次のレオタードプレイが愉しみなのも珍しいほどです。

そんなプレイの断片をよろしければご覧ください。

販売動画のご案内

今回のブログのストーリーの基となる動画を「FC2コンテンツマーケット」にて販売しております。予告編がありますので併せてご覧ください。
(画像はFC2へのリンクとなっています)

セレブ冴栄子の「純白レオタードのままいやらしいことして!」



 

セレブ冴栄子の「エレガントなレオタードやぶってペニス入れて!」



 
今回もご覧いただきありがとうございます。
それでは、また…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る