冴栄子BLOG一覧

着物でセックスするガードルフェチ

こんにちは冴栄子(さえこ)です。

私は着物を召す時でも補正下着を履きます。

着物は相当にヒップラインを強調させることから、仮にレース付きなどの立体感のあるパンティを合わせると、無惨にもそのシルエットが如実に着物の上に浮かび上がります。


このブログについて

普段は気品高く振る舞うセレブ中のセレブですが、セックスでは180度変貌し変態的性癖をあらわにします。

補正下着着衣での性交、羞恥を超えた隠語絶叫の趣向を持つ、冴栄子の補正下着フェチ、ガードルフェチブログです。

着物時はガードル一枚履きで

 
私がガードルフェチであるという素性もさることながら、この防止のために着物着用の際はガードル1枚履きで、ヒップラインを作らないようにしています。

 
着物を着ると歩幅が必然と狭まることから、局部を擦り合わせるような歩行となり、そこにガードルの圧迫がかかる事から、クリトリスに常に強い刺激が与えられ、とめどなく愛液が溢れてしまうのです。

着物を脱ぐと局部はベットり…

 
着物での用を済ませ、帰宅後にガードルを脱ぐと、悲鳴を上げたくなるほどクロッチにべっとりとしたマン汁が多量に付着しています。

 
指でヴァギナ周囲をなぞると、濃度の高い液体がまとわりつき、私はおもむろにその液体をクリトリスに塗りたくります。

体全身に電流が走り、私は我慢ならず着物の姿のままソファになだれこみ、はしたなく足をM字に開脚し、中指と人差し指をピタリと合わせ、その指でクリからメコ筋にかけてを激しく擦りつけてしまいます。

 
指だけでは満足に至らず、ローターを取り出し、ヴァギナの入り口に出し入れしては、勃起ペニスが狂ったようにおまんこに出し入れされてるシーンを妄想してしまうのです。

 

着物で覆われた上半身は自由に身動きが取れず、無抵抗にならざるをえない私に対して男は、容赦無く私のおめこを突きまくり、さらにアクメの寸前でペニスを引き抜いては、ドロドロの男根を私の口に無理やりねじこみ、髪をつかんで激しく前後に揺さぶります。

ハメ突き→強制フェラのセットを何回も繰り返し、男は私の子宮めがけて沸騰したようなザーメンをたっぷりと噴射します。

私はレ◯プの恐怖や身体拘束の苦痛をはるかに超える、性の快楽に包まれ、もっとめちゃくちゃに私を壊して欲しいと、ふしだらな欲求を抱いてしまいます。

着物=高い満足度を得ることのできるセックスの公式から、着物での会合や家庭の行事の後は、必ず男性とのアポを入れ、日中より日が差し込むホテルの一室で、してはいけない情事に興じる日々となっています。

最新作のご案内

2020年10月21日に販売動画2本をリリースしました。

下の各バナー画像から販売ページ移動できます。

セレブ冴栄子の「喪服でファックして!不謹慎でもこのままフェラさせて!(product.50)

セレブ冴栄子の「変態補正下着でハメまくって!何度でもイキたいの!」(product.51)

ともに「FC2コンテンツマーケット」にて、1作品300円で発売中です。2本同時お買い上げで500円になる「お得なセット販売」もございます。
お時間ございましたらお立ち寄りくださいませ。

それでは、さようなら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る