冴栄子BLOG一覧

いとしのボディリファー

こんんちは、冴栄子(さえこ)です。

私は補正下着を着て日常の大半を過ごしています。

普通の補正下着の着用と言えば、人目に触れる状況下だけに限定し、自宅に戻った瞬間勢いよく脱衣して、得体の知れぬ開放感を味わう…となるでしょう。

ですが私の場合、自宅でも着用し、その独特の着圧を楽しむ変わった趣向を持ち合わせているのです。

ハードとソフトのバランス

ですが、常にハードタイプばかりですと「飽きる」「体調を崩す」「辛い」という三重苦はやはりあり、ソフトタイプにしたり、下着の重ね方を変化させたりと工夫が必要となります。

そのような様々な効用がある補正下着の中で、ソフトな着心地を得たい時に最適なのが「ボディリファー」です(上下の写真がそれです)。

このブログについて

普段は気品高く振る舞うセレブ中のセレブですが、セックスでは180度変貌し変態的性癖をあらわにします。

補正下着着衣での性交、羞恥を超えた隠語絶叫の趣向を持つ、冴栄子のフェチブログです。

ボディリファー

ボディスーツのような締め付け感ではなく、レオタードのような柔らかい感触に包まれ、エレガントなデザインとあわせてなんとも幸福感が溢れます。

徐々に秋めいてまいりましたが、このような過ごしやすい気候の夜に、リビングでボディリファーを着て過ごすのは至福のひと時です。

魅惑のクロッチ

このボディリファーのクロッチ部はファスナーになっており、トイレでの着脱の必要がありません。

ボディスーツ同様の構造ですが、私にとってはオナニーを誘発する魅惑のパーツでもあります。

超変態性癖がうずく

私の奥深くに住み着く超変態性癖がうずきだすと、意識していなかったクロッチのスナップがクリトリスを刺激しだし、気づくとクロッチレスロングガードルとサスペンダーパンストを手に握りしめています。

 

それらの下着を身につけ、トップにボディリファーを着用し、スローセックスを妄想して、乳房から下腹部を自ら愛撫するひと時は至高の時間です。

女性らしいひと時を過ごそうと思えど、頭に浮かぶのは、鋼鉄のように勃起した男性のペニス。

我慢汁が亀頭の先から溢れ出し、それをDカップの私のバストで包みこみ、激しいフェラチオと併せて大量のザーメンを顔に浴びる…


 

そんなシーンを想像すると、女性らしさは消し飛び、雌となって本物そっくりのディルドをおまんこに下品に出し入れしてしまいます。


 

そして口にはカチンカチンのおちんぽ、まんこにはもう一人の男性のエレクトした肉棒が高速で出入りしてるシーンを想像すると、私は狂ったように性の虜になってしまうのです。

 


 

変態感情に火がついた私は狂ったように腰を振り続け、男根をまんこで飲み込み、後先を考える術もなく子宮への精子噴出を命じてしまいます。


 

確実に子宮に到達している濃厚なザーメン、ヴァギナから溢れるザーメンに頭が真っ白になり、しばらく身動きできない状態になる私…


 

そんな現実にはありえない変態妄想を今日も繰り広げて秋の夜を過ごしています。

ご案内

まさに今日の記事内容を模倣した新作動画を先日リリースしました。

ボディリファーに身を包む優しげなオナニーから始まり、ラストは上下補正下着着衣での激しいセックスで、普段口に出来ない隠語の雄叫びを絶叫…

この動画のほかもう一本エロス満載の作品も同時公開しており、お得な2作品セット販売もありますので、よろしければご覧くださいませ。

それではさようなら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る