レオタード

  1. プリマドンナに憧れて

    こんにちは、冴栄子です。バレエとバトン私は以前クラシックバレエとバトントワリングの双方を、幼少期に10年ほど続けていました。

    続きを読む
  2. セックスとは異なるオナニーの快楽

    こんにちは冴栄子です。女性は「性に快楽を得る手段」として、セックス(性交)より、オナニーを好む割合が多いといいます。セックスはほぼ受け身であり、パートナーのテクニックによって快楽の度合いが変化します。

    続きを読む
  3. ガードルフェチのアナルプレイ

    こんにちは、冴栄子(さえこ)です。私はアナルセックスの経験がありません。正確に言うと、一度試みたものの、男性器を挿入されることでの快感を得ることができませんでした。普段は気品高く振る舞うセレブ中のセレブですが、セックスでは180度変貌し変態的性癖をあらわにします。

    続きを読む
  4. エレガントレオタードで補正下着フェチプレイ

    こんんちは、冴栄子です。若い頃にレッスンを受けていたバレエ。当時購入しつつも事情で袖を通すことのなかったエレガントなレオタードを着用してみました。首から胸元に微細なレースが施され、汚れが一切無い純白レオタードは、今でも胸がときめきます。

    続きを読む
  5. ハイレグレオタードと補正下着

    こんにちは、冴栄子です。「レオタード」は年を重ねるごとに避けては通れぬボディの崩れにマッチしないコスチュームであると、年々痛感いたします。

    続きを読む
ページ上部へ戻る