レビュー:補正下着動画(vol.6)

〈このサイトは成人向けの情報を含みますので18歳未満の閲覧を固くお断りします〉
今日のレビューは母の卑猥なガードル 生稲さゆり(DMM販売)です。

大手AVプロダクションが補正下着を扱うようになったのは、ここ数年と記憶します。それは熟女ブームが始まった頃より、「熟女は補正下着を常用してるのが現実的」の観点から採用されてきたと推察します。それまでは熟女でも非現実的なTバックやセクシーランジェリーばかりで、全く魅力を感じ得ませんでした。補正下着フェチは、エロ本時代からAV貸しビデオ時代を経て、インターネット熟成に入った頃まで動画や写真のプロダクトが無い事から、もやもやとした時代を送ってきました(?)。しかし今も少数といえどかなり補正下着をテーマにしたコンテンツが登場し、同人にとっては嬉しい限りです。レビューは、管理者が閲覧したコンテンツに対しての想いを綴ってまいります。ご興味ある方はぜひ訪問してみてください。

母の卑猥なガードル 生稲さゆり

母の卑猥なガードル 生稲さゆり

美人でありつつ「かわいらしさ」がにじみ出てるさゆりさん。近所にいる美人だけど少しそそっつかしい雰囲気が親近感を得ます。ストーリーは友人とのお茶のシーンで「体型崩れには補正下着がお勧め」される所から始まります。訪問販売員に薦められるがまま試着を繰り返し、フィッティングチェックから情事に発展…体型保持のため家事の最中もロングガードルを履き続けます。それを覗き見る息子も母の美しさと悩ましい姿態に欲情を抑えられず、ついには禁断の一線を超える…という展開です。文字表現ではドラマティックですが、実際はもっとコミカル。見所はさゆりさんがロングガードルを履くのに四苦八苦するシーンでしょう。

ガードルが…は、履けない!!

ガードルにはそれなりの履き方テクがありますが、全く始めての補正下着経験であるシナリオから、パンツを普通に履くがごとく足元から腰に垂直に引っぱり上げます。当然、ゴム繊維の集まりであるこの繊維はすんなり体にフィットしません。それを「うん~!」「あれ、これ大変ね」とつぶやきながら時間を掛けて完履き(?)を目指します。またガードルを「脱ぐ」「脱がす」シーンでも同様なかなか脱げない…(笑)。それゆえガードルの細部が見れる画となっていてマニアへのサービスと思われます。

母の卑猥なガードル 生稲さゆり

母の卑猥なガードル 生稲さゆり

母の卑猥なガードル 生稲さゆり

母の卑猥なガードル 生稲さゆり

またサーモンピンクカラーのロングガードルを履いたままソファで自慰にふけ、それが息子にみつかるシーンでの「ガチ」驚きと、羞恥心いっぱいの表情が「かわいらしさ」を助長します。全裸シーンはほとんど無く、セックスもロングガードルのクロッチを切り取って結合するなど補正下着の魅力を十分に感じる作品となっています。
「卑猥なガードル 生稲さゆり」は下記リンクDMM R-18よりお求めいただけます。
母の卑猥なガードル 生稲さゆり

母の卑猥なガードル 生稲さゆり

Printレビュー:補正下着動画(vol.9)

img_4870短篇な性交(動画コンテンツ販売vol.4)

関連記事

  1. Print

    レビュー:補正下着動画(vol.9)

    今日のレビューはどすけべママの濡れた補正下着とオマンコです。大手AV…

  2. Print

    レビュー:補正下着動画(vol.4)

    〈このサイトは成人向けの情報を含みますので18歳未満の閲覧を固くお断りします…

  3. Print

    レビュー:補正下着動画(vol.5)

    〈このサイトは成人向けの情報を含みますので18歳未満の閲覧を固くお断りします…

  4. ガードルフェチ動画:なおこさんキャッチ画像

    レビュー:補正下着動画(vol.10)

    白地の和服が似合う憂いを秘めた美人なおこさん。細身にも関わらずショートガード…

  5. Print

    レビュー:補正下着動画(vol.8)

    〈このサイトは成人向けの情報を含みますので18歳未満の閲覧を固くお断りします…

  6. Print

    レビュー:補正下着動画(vol.9)

    〈このサイトは成人向けの情報を含みますので18歳未満の閲覧を固くお断りします…

  7. Print

    レビュー:補正下着動画(vol.2)

    〈このサイトは成人向けの情報を含みますので18歳未満の閲覧を固くお断りします…

  8. Print

    レビュー:補正下着動画(vol.1)

    〈このサイトは成人向けの情報を含みますので18歳未満の閲覧を固くお断りします…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP